In the beginning was the Word, and the Word was with God, and the Word was

God. This is the One who was in the beginning with God. Through Him everything

came into being and without Him no-thing that exists came into being.

(The Gospel According to John)

初めに言葉が在った。その言葉は神と共に在った。そして言葉は神であった。

これが初めに神と共に在った。全てのものはこれに依ってこの世に現れ、

既に在るものでこれに依らずにこの世に現れたものはなかった。

(ヨハネの福音書 )

Creation is only the projection into from of what which already exists.

​(Ancient Hindu Text)

創造は既に存在するものの現実世界への投影に過ぎない。

​(古代ヒンズー教文字)

Being quiet like a thunder  (Vimalakīrti-nirdeśa Sūtra)

黙如雷  黙すこと雷の如し(維摩経)

1/12

絵を学ぶ事は自己を学ぶ事です。自己を学ぶ事は自己を忘れる事です。

自己を忘れる事は万法に証せられる事です。万法に証せられる事は自己の

心身および他己の心身をして脱落させる事です。(道元禅師の言葉に倣って)

To learn painting is to learn myself. To learn myself is to forget myself. ​To forget

myself is to get unity with the universe. To get unity with the universe is to make

myself the universe.​ (Following the words of Zen master Dogen 1200 - 1253)

良い絵を描く事は目的ではありません。

大切なのは一筆一筆に絵を完成させる事、

​一呼吸一呼吸に自分を完成させる事です。

My purpose to paint picture is to make painting perfect

brush by brush.That means that ​to be myself completely 

breath by breath.

初めは人を相手に仕事をする。次は自分を相手に仕事をする。

最後は天を相手に仕事をする。​そして自分未踏のその先が

前人未到の境地である。画家・中川一政 (1893-1991)

​First, I worked in the people. Next, I worked for myself. The last, I work

for God. Keep on exploring yourself. Then you will get globally historically 

new art. Kazumasa Nakagawa, Japanese artist (1893-1991).

WORKS

 

ARTIST STATEMENT

これまでの歩み

 I was born in countryside and used to play in nature, climbing trees, hills, swimming in the river, and so on. When I was 22 years old, I started painting by self-taught. I wanted to paint nature which I had seen for long time.

 At first I used oil. But soon changed to watercolor because the atmosphere of oil painting was very different from what I saw in nature, feelings of transiency and infinity of the universe. After 23 years, when I was 45 years old, I began Sumie, black and white painting using Japanese and Chinese traditional black ink on paper. Because watercolor was not enough for me to express what I saw in nature.

 When I painted by watercolor, I tried to express the feeling of transiency by layering thin colors. But about infinity feeling, I could not catch it at that time. When I got to know the limits of watercolor expression, I started Sumie. But it was very different from watercolor. By trial and error, I found many unexpected things; nature was just a symbol, using many wet-in-wet washes invited natural phenomenon in painting, and more, the unpainted parts, like snow, cloud, and mist, showed me a great wisdom of how to live. To express without painting implies for me to live without ego, let it be, let it go. Then I found infinite silence and stillness in the black painted background where all transient things come from and go back to. I realized the relation between transiency and infinity.

 Since then to connect these silence and stillness is my primary thing to paint. Now I do not want to put myself into my painting because I have known that I am not the man who paint a picture but a witness to the manifesting art. I just want my painting to be a clear mirror. As myself goes out from painting, so it reflects your being clearly.

 

 Thank you.

 私は群馬県に生まれ、幼少の時から自然が好きで、里山で岩や木に登ったり川で泳いだりして遊びました。長じて谷川連峰や北アルプスに登る様になり、山を描きたくて二十二歳の時に独学で絵を始めました。

 

 最初は油絵を描きましたが、数枚描いてすぐに水彩画に転向しました。油絵の持つ物質的で堅牢な感じが、私の描きたい世界、この世界に感じている無常感と無限感とは違っていたからです。それから水彩画を描いて来ましたが、絵を始めて二十三年が経った四十五歳からは、墨でも描く様になりました。水彩では表現しきれないものを感じていたからです。

 水彩画では薄い透明な色層を重ねて無常感を描こうとしました。仏教の五蘊仮和合をイメージしていたのです。しかし無限感は摑み切れずにいました。そして水彩に限界を感じ墨で描く様になったのですが、墨は水彩と同じ様に描いては絵にならない事が解りました。様々に試行錯誤する中で、次々と発見がありました。山は実在から象徴に変わり、ぼかしの多用は絵の中に自然現象を呼び込み、雪や雲や霧などの塗り残して描かない部分は、描かない故の大きな意味を持つ様になりました。人生は生きない事で本当に生きられるからです。そして黒く塗り潰した背景に、私は言葉や思考や或いは現実と呼ばれるこの世界の、移ろい行く全てのものが生まれては帰る場所、時間を超越した沈黙と静寂を見たのです。それは無常と無限の在り様を体験した瞬間でもありました。

 

 今の私にとって大切なのは、絵を描く事よりもまずこの沈黙と静寂につながる事です。絵はそこから生まれます。墨で描く様になってからは、私は絵の中に自分自身を認めなくなりました。私は絵を描くのではなく、絵が出来る場の目撃者だからです。私はただ観る人を映す鏡の様な絵を描ければ良いと思っています。絵の中に自分が無くなれば無くなる程、鏡は澄んで観る人をそのままに映します。

 

SOLO EXHIBITION SCHEDULE

1st March. 2019 - 27th Sep. 2020  NORTHERN ALP MUSEUM, Hokkaido, JAPAN

1st May - 12th July, 2020  Crestone, Colorado, USA (28th June talk and workshop)

2nd - 31st May, 2020  Gallery Kinasa, Nagano, JAPAN

​1st April - 30th June, 2021  Crestone, Colorado, USA

個展のスケジュール

2020.3.1 - 2020.9.27. 北のアルプ美術館 (北海道斜里町)

​2020年5月1日 - 7月12日 アメリカ・コロラド州・クレストン (6月28日講演会とワークショップ)

2020年5月2日 - 31日 ギャラリー鬼無里(長野県長野市)

2021年4月1日 - 6月30日 アメリカ・コロラド州・クレストン

随筆集 vol. 2『今ここを旅する』Shopにて発売中。

アメリカ個展、開催決定しました。

 Essays and detailed information here! / 随筆と詳細情報はこちら
​Blog:Traveling Here and Now / ブロク゛『今ここを旅する』

PROFILE

1965   Born in Gumma Prefecture Japan / 群馬県高崎市生まれ

1987   Started painting by self-taught / 独学で絵画を始める

1992   Started solo exhibitions in Japan / 個展で作品発表を始める

2018   Solo exhibition in Germany ( Frankfurt am Main ) / ドイツ・フランクフルトで個展

2019   Solo exhibition in Germany ( Darmstadt) / ドイツ・ダルムシュタットで個展

詳しい経歴はこちらをご覧下さい。

Detailed information here !

 
作品展『山を描く・沈黙を描く』
一年間の展示企画です。水彩画、墨絵、スケッチ、習作、出版物・印刷物、個展の資料などを展示します。
日時
Oct 02, 2019, 10:00 AM – Sep 27, 2020, 5:00 PM
場所
北のアルプ美術館,
日本、〒099-4114 北海道斜里郡斜里町朝日町11−2 アルプ通り
 
 
© 2018 KOICHI YAMASHITA  All Rights Reserved

CONTACT

For any inquiries, please contact KOICHI YAMASHITA:

Phone: 090-6791-7820 | Fax: 0263-39-0382 | mountainpaintings@gmail.com

  Sign Up for News, Events, & Much More!

  ニュース・レター登録